2018.08.31 Friday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2012.01.01 Sunday

    【日記】あけましておめでとうございます

    0
      ぎりぎりですが元旦のうちに。

      昨年は日本全体でも大きな、そして極めて深刻な出来事がありました。
      そんな中、私自身は第一子が生まれるという大きな出来事がありまして、未だ苦しんでいる被災者の皆さんには大変申し訳ないのですが、バタバタしつつも幸せな日々を送っております。
      初めての子育てということもあり、夫婦揃って戸惑うことも多く、ペースを掴めずに疲労困憊しながら毎日悪戦苦闘しています。しかし、こういう予定通りに行かない状況だからこそ、計画を立ててプロアクティブに行動していくことが事態を打開する唯一の手段だと思うので、今年は私生活もいろいろと計画的にやっていきたいと元旦の本日、考えている次第です。
      手段としては先日紹介したクラウド時代のタスク管理の技術をベースにしたいと思っています。
      2011.12.16 Friday

      【書評】クラウド時代のタスク管理の技術

      0
        内容は非常に興味深くて参考にしたい考え方が沢山あった。
        人生もプロジェクトの中のタスクもルーチン:繰り返し作業ばかりだというのは言われてみればその通りで非常に納得。
        私はマカーではないし、Android派でバイブル手帳派ではあるが、自分にあった良いツールを探して自分なりのタスク管理システムを構築してみたいと思わされる。

        一つ疑問に思ったのは、著者が「プロジェクト管理ツール」から「タスク管理ツール」へタスクを移行するサイクルやタイミングが具体的にどうなっているのか?ということだ。
        プロジェクトになるようなものは、最初の時点で詳細なタスクが全て見えているかというと、きっとそうでない場合のほうが多い。
        一度作ってみたあとでどんどん細分化したり追加削除したり、走りながらブラッシュアップして行くものだと思うのだが、そのたびにツールからツールへの移行をやるのは煩雑過ぎる気もする。
        かといって、手間を最小限に抑えるために実行日当日になってから確定したタスクをプロジェクト管理ツールからタスク管理ツールに移行するのでは結局先々のタスクが見えなくなってちっとも安心じゃない。
        ここがもう少し記載があると大変ありがたかったのだが。

        著者はツールは別々で良いと主張しているが、プロジェクト管理ツールのほうでごちゃごちゃ弄ったときに、自動的にタスク管理ツールへ反映されるような仕組みが欲しくなるのはシステム屋故の発想か?
        2011.11.23 Wednesday

        【Web】Google+始めました

        0
          思えばMixiもTwitterもFacebookも乗り遅れてしまったので、「今後こそは」と思いGoogle+を始めてみました。
          しかし現時点では知り合いが全然居なくて寂しい限りです。

          しかし入門書を読むとGoogle+がかなり高機能であることがわかり、MixiやTwitterなどより将来性を感じます(Facebookは使ったことがないのでわかりませんが)。
          特に「サークル」というユーザー間の関係性やアクセス範囲を実現する機能の柔軟さが、ある面で安心感を覚え、できれば長く使っていきたいと思わせるものがあります。
          あと、Evernoteと連携するTipsがあるのもありがたいですね。一つ前のエントリで書いたように、最近Evernoteでのライフログを始めたので。



          ウィジェットを作ろうとして本を読みながらURLを直打ちしたら、最初全然違うサイトに飛んでしまって???となりました。よく見るとwidgetsplus.comとすべきところを真ん中のsを抜かしてwidgetplus.comにしてしまっていました。皆さんもお気をつけて。
          2011.11.23 Wednesday

          【書評】たった一度の人生を記録しなさい

          0
            久々の書評です。
            と言っても読んだのは1ヶ月ほど前ですが。

            前回エントリしたようにライフログをやりたいという意欲だけはありつつも、いまいち実現手段が見つからないで手をこまねいていた私ですが、この本を読んで背中を押されました。
            著者はシゴタノ!の“ごりゅご”こと五藤隆介氏。シゴタノ!のエントリを見ていてもわかりますが、極めて面倒臭がりのフリをしながら様々な方面に関して徹底して「敷居を下げる」メソッドを提唱してくれる凄い人です。
            本書においてもそのスタンスは変わらず、Evernoteを使ってライフログを実践するにあたって「こうすればこんなに簡単なんだよ」というTipsの連続で畳みかけ、さらに「最初から完璧である必要は全くないんだよ」と一歩踏み出す勇気を与えてくれます。
            本書を読んで、とりあえずEvernoteのアカウントをとって、スマフォにEvernoteアプリを入れました。今はまだ「思いついたアイデアや自分の感想をさっとEvernoteに」というレベルには至っていませんが、私には「娘の成長」というかけがえのない題材があるので、ことあるごとに娘の写真を撮ってEvernoteに保存してます。これを軸にライフログを充実させて行けたらと思っています。
            2011.08.02 Tuesday

            【アプリ】ライフレコーダーを探しています

            0
              ケータイをスマートフォンに変えたとき、一つ思惑がありました。
              「これで、必要な機能は自作できる!」
              Androidアプリなら無料の開発環境で自作できますからね。実際環境構築まではやったんですよ。でも、アプリ自作までには至りませんでした。
              日々、不毛な多忙に追われているサラリーマンには、プログラミングなんかしている時間的余裕も精神的余裕も無いのです。

              で、実際、私は何を作りたかったのかというと、いわゆる「ライフレコーダー」的なものです。

              ライフログ・ユビキタスキャプチャー・リアルタイムロギングなどの用途に使われるアプリはいくつかありますが、これらは基本的には「テキスト情報」を記録するものだと思います。要するに「紙と鉛筆」でも記録できるもの。無論カメラで撮影した写真やマイクで録音した音声、WebサイトのURLなど、スマートフォンならではのデータもありますが、それでも「思いついたこと、気に止まったものをフリーフォーマットで」という範疇です。
              でも残しておいて後で見返したい生活の記録というのは、そんな高尚なものばかりではなく(もちろん思いつきも記録しておきたいのですが)、もっと下世話でもっと定型的なものもあって、そういうものほど「洩れなく捉えておきたい」ものです。例えば

              ・就寝時刻と起床時刻(両者が記録されていれば睡眠時間も把握できる)
              ・食事の内容
              ・体重
              ・小遣い帳
              ・1時間おきのGPSの記録(タクシーの運転手でもなければ、これで必要十分でしょう)
              ・タバコを吸った時刻
              ・英会話の勉強をした時間
              ・日中、眠くて眠くて仕方なかった時刻
              ・我が子と接した時間 などなど

              従来のライフレコーダーというのはスマートフォンアプリではなく(iPhoneアプリで一つだけあるようですが)、腕時計型やペンダント型の専用ガジェットで、24時間365日ひたすら録音しまくると言った力業のものでした。それはそれでおもしろいかもしれませんが、後で見返すのにほぼ同じ時間が必要で(音声なので検索も出来ませんし)実用的ではありません。結局GPS以外はヒューマントリガーで記録するのが現実的でしょう。人間が能動的に操作することによって、前述のような定型的な情報を定型フォーマットで記録しておけば、非常に使いでのある、見返す甲斐のあるものになる気がしませんか。
              しかし既存のアプリでこれを実現しようと思うと、それぞれの目的に特化したアプリを使わざるを得ません。それは非常に煩雑で現実的ではありません。結果として「続ける」「洩れなく記録する」ことが不可能になってしまいます。またそれぞれ別のアプリのデータとして保存してしまうと、データ間の関連が断絶されてしまうのでがんばって記録しても情報としての魅力は半減です。できれば「一つのユーザーインターフェースから、それぞれの情報を最小限の手間で入力できて、最終的に一つの場所に格納できる」というのが望ましい。格納先はスマートフォンのSDカードでも、EVERNOTEでも、G-mailでも何でも良いのですが、「最小限の手間」というところが曲者で、これは人それぞれの生活スタイルによって違うので、既成アプリにBestを望むのは難しい。自作できれば一番なのですが、その時間もなかなか捻出できない。うーむ、ジレンマです。
              もうBestじゃなくても良いので、誰か作ってくれませんかねえ。
              2011.08.01 Monday

              【文具】ジェットストリーム 4&1(三代目)

              0
                小ネタで恐縮です。

                普段ジェットストリーム4&1を手放さない私ですが、最近周囲で同じものを使う人が増えました。
                それだけなら良いのですが、色まで同じという人が2人も現れてしまったため、
                「これはいかん」と思っていたところ、ジェットストリーム4&1に新色が出ていることに気がつき、
                3代目になるボルドーを買いました。写真だとわかりづらいですが、赤といっても派手な感じではなく、
                深みのある赤で、それがツヤありボディの奥に見え隠れする感じで意外と渋くて気に入っています。





                2011.05.30 Monday

                【日記】ご無沙汰しております。

                0
                  私生活で大きな変化があってバタバタしております。

                  読書はいっこうに進まないのですが、文具ネタ・ガジェットネタは少しばかり書いておきたいことがあり、さりとて個別にエントリ立てる時間もないので散文的に書いてしまいます。

                  続きを読む >>
                  2011.03.15 Tuesday

                  大震災について

                  0
                    久々の更新がこんな深刻な内容になるとは思っても見ませんでした。

                    亡くなられた大勢の方々のご冥福をお祈りするとともに、大切な人を亡くされた多くの方にお悔やみを申し上げます。
                    被災地では未だに多くの方がライフラインも無く食料も衛生用品も絶対的に不足している不便な生活を強いられていると言うのに、私は月曜日から会社に行き、混乱する業務に明け暮れることしかできません。
                    幸い私の知り合いで被災した人はいませんでしたが、一緒に仕事をしている人の中には本日忌引きだった人もいます。
                    自宅付近が液状化して出社どころでは無いという人もいました。
                    私は本当にただ運が良かっただけです。

                    せめて私にできることだけでもしようと、なるべく節電・省エネを心がけることにしました。
                    今朝は数年乗っていなかった自転車を引っ張り出し、自転車で通勤しました。
                    今まで外出するときも点けっぱなしでいたPC等を寝る前・出かける前に全て電源OFFするようにしました。
                    今日はまだ混乱していたので出来なかったのですが、会社で義援金を募集しているので、明日は必ず出します。

                    さて、深刻な状況ですが(だからこそ?)、胸が熱くなるブログエントリを見つけました。
                    いわゆるまとめブログなんですが不謹慎を承知で紹介します。
                    日本もまだまだ捨てたものでは無い、と日本人としての自信を取り戻してくれるようです。

                    自衛隊の皆さんが頑張ってるし自衛隊かっこいいコピペ貼っていこうぜ

                    自衛隊はもしかすると、世界で、いや人類史上、最も多くの人間を救った軍隊なんじゃないでしょうか。
                    そんな自衛隊がいる日本に生まれたことに感謝したくなります。

                    2011.01.18 Tuesday

                    【日記】あけましておめでとうございます

                    0
                      この上なく今更ではございますが。

                      昨年は5月末から激務続きでろくに更新できませんでしたが、もうしばらくは似たような状況が続きそうです。
                      そんなわけで年末年始もひたすら休養に充てて過ごしてしまい、今年の目標やら計画やらGTDとか、いまだに手付かずです。

                      とりあえず今年のテーマとしては

                      1.IFRS
                       いよいよ本格的に盛り上がって来ますね。別に嬉しく無いですが。

                      2.Android
                       IS04を予約しました。久々にプログラミングしたいです、暇があれば…。
                       スマートフォンを使い倒すには自宅内無線LANも入れたいですな。

                      3.ライフログっぽいもの。
                       最近某ブログで見て気になりました。
                       以前、リアルタイムロギングやユビキタスキャプチャーをやろうとして挫折したのですが、再挑戦してみたいです。

                      成功本やライフハック系の記事によると、年末年始に振り返りや計画作りをやる人も多いようですが、個人的には外野が騒がしいこの時期にそういうことをやることに大いに疑問を感じているので、少し落ち着いてから改めてやりたいです。
                      2010.10.23 Saturday

                      【読書】究極の文房具ハック

                      0
                        ひさしぶりのエントリです。

                        ちょっと出遅れましたが文具王の新作について。

                        正直、買うかどうか迷う本です。
                        もちろん内容は文具王らしく独特のアイデアが豊富で大変面白いのです。
                        しかし前書きにも書いてあるとおり、半分以上は「過去にどこかで見たな…」というトピックなのです。
                        それらを一つの書籍として纏めるにあたり、統一の“統”とか、省略の“省”とか、いくつかの軸に沿って整理されているので、これまでの文具王的ハックを総復習する意味ではアリかもしれません。
                        Calendar
                            123
                        45678910
                        11121314151617
                        18192021222324
                        252627282930 
                        << November 2018 >>
                        PR
                        Selected Entries
                        Categories
                        Archives
                        Recent Comment
                        Recent Trackback
                        Recommend
                        Recommend
                        Recommend
                        Recommend
                        Links
                        Profile
                        Search this site.
                        Others
                        Mobile
                        qrcode
                        Powered by
                        30days Album
                        無料ブログ作成サービス JUGEM