<< 【日記】キーボードの記号配列が正常化しました。 | main | 【読書】リスク・リテラシーが身につく統計的思考法 >>
2015.01.18 Sunday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2010.03.13 Saturday

    【読書】フォーリン・アフェアーズ・リポート2010年3月

    0
      ジョセフ・E・スティグリッツ,ジョージ・パッカード,ジャグディッシュ・バグワティ,他

      スゴ本に影響されて先月から読み始めました。というか、お試しで先月分だけ買うつもりだったのですが、今月号はスティグリッツ教授の記事があるということなので勢いで買ってしまいました。
      2号読んでみて思ったのは非常に読み応えがあるということ。別に理解できないほど難解というわけではないのだが、一つ一つの記事が歴史的背景や利害関係者の思惑など深く掘り下げて本質を突く洞察がなされていて、しかも10ページ前後と短く簡潔に纏まっている。ほんの数分で読めるのに、読み終わると知恵熱が出そうな気がする。これに比べたら国内の新聞や経済誌なんか「暇つぶし」にしかならない。
      しかも本当に(しかも適度に)時代を先取りしている。今、日本では「日米間に核持込の密約があったことが確認された」と盛んにニュースになっているが、3月号ではそのことに言及している。有識者委員会が密約があったと結論するだろうと予測しているのだ。(日本語版の発売が3月10日だから、原文はもう少し早く出ていたのだろう。というか、アメリカでとっくに公開されている情報を今更になって鬼の首でも取ったかのように騒ぎ立てている日本って一体…)
      目当てのスティグリッツ教授の記事は(一部は自説の繰り返しの部分もあるが)期待通り面白かったし、他の記事も同様だ。月刊で2,200円は確かに懐に痛いが、コストに見合うリターンは十二分にあると思う。
      2015.01.18 Sunday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        コメントする








         
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        Calendar
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << August 2018 >>
        PR
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recent Comment
        Recent Trackback
        Recommend
        Recommend
        Recommend
        Recommend
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM