<< 【日記】等身大ガンダム! | main | 【日記】ひどいですよ >>
2009.07.22 Wednesday

【読書】テンダーワールド

0
    小説です。
    数年前に買ったまま積ん読状態だったのですが、最近偶々読む機会と時間が出来たので読みました。
    一言で表現するのも、ジャンル分けするのも非常に困難な作品。
    強いて言えばSFになろうか。
    現在のノイマン型コンピュータより格段に高性能な量子コンピュータ「タブレット」が一般化し、携帯端末も街角の情報端末も工場の機械制御も執筆活動も口座振込も、とにかく人々の生活のインフラが全てタブレットに依存するようになっている、そんな未来。自殺か他殺か分からない奇妙な死体が発見される事件が連続して発生。それをFBIのカトラー・オカザキコンビとトップ屋の鳴海が追う。やがて世界の根幹を揺るがす驚愕の真実が…という話。


    さてここから内容に触れていくのでネタバレ不可な方はお戻り下さい。





    他のレビューでも言われているが、提示された謎のうち結構な数が放置である。まぁなんとなく匂わされている感じもするが。とりあえず明確なオチでカタルシスを求める人にはあまりオススメできない。オチは正直かなりぼんやりしている。オチよりも本書独特の雰囲気を味わうのが本書の正しい楽しみ方なのかもしれない。
    で、その独特の雰囲気とは何か。それは捜査の過程で主にカトラーがぶつかる哲学的問題である。カトラーは遺伝子操作によって生まれたデザイナーズベイビーという設定で、それゆえに「自らが神によって作られたのか?」という疑問を常に抱えて生きてきた。そして今回の事件を樹にパートナーとなったオカザキとも議論を始める。そのオカザキは日系人で忍者など日本文化が好きで個人的に禅の修業を習慣にしていたりする変わり者。だが常に冷静で感情に流されることの無い現実主義者で空手も強いと非常に頼もしい相棒だ。そして学生時代は理工系であったため、カトラーの疑問に対してあくまで理系の立場から分かりやすい説明を試みる。また逆に、あまり他人の気持ちを理解しない(するモチベーションも低い)オカザキに大してカトラーがあれこれ説明するケースもある。二人とも理性的で説明上手かつ聞き上手なので掛け合いが小気味良い。二人の会話あるいは捜査対象との会話であがる話題が「意識と無意識」の話であったり「カオス理論」であったり「量子力学と意識の発生」であったり「聖書」であったりと、幅広く、そして奥深いのも非常に面白いのだ。
    もう一方の主人公、鳴海は典型的な直情径行型の熱血野郎である。当人はあまり哲学的なことは考えない。まぁそれゆえにカトラーたちとの対比が際立って面白いのだが。

    さてもう少しネタバレ傾向を強めて感想を述べてみよう。
    冒頭に登場するツォロスティア。フィクション的には非常に魅力的なキャラクター設定で、最初は彼女が主人公なのかと思っていた。結局チョイ役でしかなかったのは残念だ。
    あと残念だったのはオカザキの意識を転移したカトラーが最終的にどうなったのか、そしてオカザキが死ぬ間際にどうしても伝えたかったことは何なのか、それがあいまいなままになってしまっていることだ。特に後者だけは明確にしておいて欲しかった。でないとオカザキは物語的に犬死じゃないか。

    伏線を回収していないからミステリーでもない。タブレットが万能すぎて説得力に欠けるときもたまにあるのでSFとも言いがたい。それでもなお、読後に何かが残る妙な作品である。
    2018.08.31 Friday

    スポンサーサイト

    0
      コメント
      コメントする








       
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      Calendar
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << September 2018 >>
      PR
      Selected Entries
      Categories
      Archives
      Recent Comment
      Recent Trackback
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Recommend
      Links
      Profile
      Search this site.
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM